◆上場支援サービスについての情報が満載

監査法人による上場支援サービス

監査法人による上場支援サービス 上場を目指す企業にとって、まず求められるのが上場審査基準をクリアできる体制を構築すること。
そのためには売り上げ目標をクリアするだけでなく、公器として恥ずかしくない組織体制・経営の透明性が重要になります。
企業単独でそうした課題を乗り越えるのが理想ですが、専門知識も必要であり時間もかかることから支援企業を利用するのが一般的となっています。
監査法人はその代表的な一つです。
その役割は、上場を目指す企業の会計監査を担うことにあります。
具体的には財務諸表が上場審査基準を満たす正しい内容かをチェックすることです。
併せて、コンプライアンスを意識した社内管理体制が整備されているかを指導・助言することもその役割となっています。
昨今は上場審査が厳格化され、その役割はますます重要になっています。
上場支援サービスを行う企業には他にも業務管理システムや基幹業務システムを提供する会社などがありますが、監査法人はそうした企業との横のつながりも強く上場支援において不可欠な存在といえるでしょう。

上場支援サービスの具体的なサポート内容とは

上場支援サービスの具体的なサポート内容とは 会社を株式上場するには、いくつかのステップをクリアする必要があります。
そしてその各ステップを進めるサポートしてくれるのが、「上場支援サービス」です。
具体的なその内容は、株式上場を決めた地点で監査法人による短期調査を受けることで、現状の自社に足りない点や改善が必要なことの洗い出しを行い、の戦略的なスケジュールを策定する「ショートレビュー」が第一段階としてあげられます。
また、株式上場にあたっては各種規定の作成や内部統制、経営管理体制の整備など数年にわたる準備作業が必要です。
その際にその道のプロがサポートする「上場支援アドバイザリー業務」がその次の代表的なサービスです。
さらに、株式上場申請にあたっては直前2期分の財務諸表に監査報告書の添付が必須です。
そのため、株式上場を目指す場合できるだけ早く公認会計士による監査を受けるのがおすすめです。
この「監査」も上場支援の一環として依頼することが可能です。

新着情報

◎2020/9/28

サポートの内容
の情報を更新しました。

◎2020/7/1

銀行による上場支援サービス
の情報を更新しました。

◎2020/06/15

サイト公開しました

「支援 具体」
に関連するツイート
Twitter

具体的に言うとクルド人武装組織を支援しないとかテロリストを引き渡すとか、クルド人が差し出されてるっぽい。国を持たない民の悲劇だ

G7での議長の発表 食料危機に直面している国に対し、連携して必要な支援を行う方針で合意した。 35年までに電力部門の大部分を脱炭素化する目標を掲げ、(略)石炭火力発電所は、段階的廃止に向け「具体的な取り組みを優先させる」 こんな簡略な文章。伝えない日本の報道は情報遮断そのもの。

認定NPO法人D×Pの今井さんと会食。 コロナ禍は収束に向かいつつありますが、ウクライナ問題あり、極端な円安の問題もあり。 セーフティネットからもれやすい10代の困窮層にとっては、困難な状況が続く 食糧支援や現金給付で具体的な支援をするD×Pの活動は素晴らしい

「独自のプロセスがあるなら、せめて必要な要件や目安を具体的に示せよ」 「お前ら地域を支援するとか言って、地域の足引っ張ってるだけ」 「いや、社会の足を引っ張ってるだけ」 という言葉を危うく言いそうになったけど、大人だから言うの我慢した。

「呼び名を考える暇があったら、補助金なりなんなり具体的な支援をしてほしい」というのも確かにそうだけど、それとこれとは分けて扱う方がいいと思うし、「育休」に対する社会のイメージや認識を変えることも大切だと思う。もちろん国や自治体に具体的な対策を求めることもやっていけばいい。